メスを使わずリフトアップ&小顔を目指す


お肌の深層に向けて、特殊な超音波(高密度焦点式超音波)をあてることで手術をせずにリフトアップが可能となった先進美容の「HIFU」。
表皮を傷つけずに繰り返し施術をおこなえるので、形状記憶の持続性を高めることができます。

医療機器で使用されているリフトアップ&エイジングケアのための機器 「ウルセラ」がエステ用として進化した最先端の美容機器ウルセラDeepSEEを導入しています。

ウルセラDeepSEE

ウルセラは、日本の厚生労働省にあたるアメリカの政府機関「FDA」ではじめて「リフトアップ」の効果があると認められた医療機器。
お肌の奥深くに、特殊な超音波(HIFU)をあてることで、手術をすることなくお顔のリフトアップが叶います。
超音波が放出するエネルギーによって自分自身の免疫細胞を活性化させ、肌の深部からよみがえらせる効果もあります。

医療美容に使用されていたリフトアップ&エイジングケアのための機器 「ウルセラ」が、エステ用として進化した最先端の美容機器が「ウルセラDeepSEE」です。
『リフト』というカテゴリーでFDAの承認を受けている医療機器はウルセラだけです。
施術後のダウンタイムもほとんどないため、施術直後から普段通りの生活をしていただけます。


従来の機器では届かなかったSMASへアプローチ

美容クリニックで⾏われている施術では、たるみに対して⽪下組織(表⽪、真⽪、⽪下脂肪)を活性化し、コラーゲンを⽣成することで顔のたるみを解消するという理論が主流でしたが、エステでは抜本的なリフトアップ施術を⾏なうことはできませんでした。

最新式HIFU「ウルセラDeepSEE」は、顔の⼟台であるSMAS筋膜を超⾳波によって引き上げることでたるみを改善し、持続効果の⾼い施術を提供する事ができます。

3種のカートリッジを使い分け理想の3D小顔に

照射深度は、1.5mm(表⽪)、3.0mm(真⽪)、4.5mm(SMAS)の3段階のカートリッジ調整で⽬的に沿ったトリートメントが可能です。

深層のSMASのみではなく、3mmで真⽪層へ、1.5mmの表⽪の層へのトリートメントも同時に⾏う事で繊維芽細胞を刺激し、コラーゲンやエラスチンの⽣成を促します。
3層へのアプローチで筋膜刺激によるリフトアップだけではなく、⽪膚のハリや弾⼒を蘇らせていきます。

お顔のたるみやシワなどの表⾯的な⽼化現象は、⽪膚・⽪下組織・筋膜などのあらゆる階層で⽣じます。
そのすべての層を同時にケアしていくことが理想的なアンチエイジング⽅法です。



コース料金